ハートを撃て!

どれだけ背伸びしたって、君の視界に入らない

意外と世界はお前に優しいよーー【FNS歌謡祭】ヒカリノシズク

 

FNSで初披露されたヒカリノシズク。右上の傘を持たない蟻たちはの主題歌って文字すらジーンと来た。

 

 
シゲアキが歌い出してシゲアキのセンターで終わる。こんな姿を見られるなんて、五年前の私たちには想像もできなくって。
 
初主演のドラマの主題歌がシングル発売されなかったことを悔やんでいたシゲアキ。コンサートでみんなが告知をしてる中、「しげは元気です!」って笑っていたシゲアキ。自分がいなければNEWSはもっと上にいけるって思ってたシゲアキ。
そんな彼がね、彼自身が書いた小説で、彼自身が出演するドラマの主題歌をNEWSのシングルとして取ってきたんだよ。

 

ピンクとグレーを出した時からずっと言っていた、仕事をNEWSに還元したいって言葉、いよいよ現実になったね。すごいや。
 
マネージャーさんづてに話があったわけですけど、もう皆さん、僕以上に喜んでくれたというかね!マジ!シゲすごいじゃん!みたいな。

なんてお前ら良いヤツなんだとへへへへへへ。 


僕は照れ臭がっちゃうんで喜びを顔に出さないし言葉にもしないタイプなんですけどほんとは嬉しいんですよ?もちろん。なんかメンバーがそれ以上にね、わかりやすく喜んでくれて、あのー・・・ま、シゲのために頑張る!ぐらいまで言ってくれたんでほんとに嬉しいなと思います。

 
って照れ臭そうに話す彼はとても素敵で幸せそうで。改めてしげあきが他の誰でもない、こやまくん、てごし、まっすーの、NEWSっていうグループのメンバーの一員でよかったなって思いました。
 
四人になってからは、
 
小山  手越  増田  加藤
 
の並びがデフォだったし、バランス的にも高身長の彼らが両端を固めたほうがすっきりしているからこの並びにとくに文句はなかったのだけれど、四銃士でコヤシゲがセンターに来た時のかっこよさがすごくって、なんというか、強そうってかんじで。一気に男らしさが出てかっこよかった。もちろん歌のイメージもあるけども。テゴマスのセンターに不満があるわけではないけど、コヤシゲがセンターでもなんの問題もないじゃないか!っておもったばっかだったので。
 
 
しげあきのセンター、歌い出しパートはすごく胸アツでした。
 
タイトルはシゲアキの10000字でジュニア時代のもがいていた自分に向けてのメッセージなんですけど、そう言える世界になったのは、そう気づけたのは、シゲアキ自身の努力の結果なんだよね。
 
 


あとこやまくんすっごい盛れてたねかっこいいねだいすき!