ハートを撃て!

どれだけ背伸びしたって、君の視界に入らない

NEWSの魅力は◯◯性

今月の少年プレミアムにて、ダイノジの大谷さんがNEWSの魅力を語ってくれました。
「NEWSの魅力はストーリー性ではなくファンタジー性!」
って言っていたけどそれも納得いかない!!!!!!!!!!
もちろんストーリー性もファンタジー性もあるけど四人になってからはそこばかりスポット当てられている気がする。
この質問のときにしげあきが答えた
「アイドル性」
が大正解だと思う…正解とかあるものでもないけど…。

新規を否定するわけじゃないけれど、四人になってからのファンが美しい恋のコンサートDVDを見たら、美しくて綺麗な物語なのかもしれない。けれど綺麗な物語で済ませられない辛いことがいっぱいあっていっぱい泣いてその結果の美しい恋なんだよ。四人は強くて美しいけれど、私はまだ過去の辛かったことを綺麗な物語としては受け入れられないです。

まだYJだったころ、KAT-TUNはギラギラしていて、えいとは面白いっていうそれぞれのイメージを世間に与えながらの、NEWSはただひたすら「爽やかな王道アイドル」ポジションだったと思います。それ故一般には特に特徴がなかったのかもしれない。(MYOJOかなんかでファンからのダメ出しとして「もっとKAT-TUN、えいとみたいにイメージをつくれ」みたいなのがあったのすっごいおぼえてる)

けれどその時から何年たっても、人数がかわっても、今でも「白が似合う爽やか王道アイドル」というポジションは変わっていないのってすごいと思うチャンカパーナとかチュムチュムとかトンチキソングを出しても、ワンチャン狙ってる歌詞を歌っていても、優等生だとか爽やかって印象はなくならないんだよね。

年齢を重ねるにつれて本人たちのアイドル意識も高まってきているのかなって思っています。わかりやすいのはコンサートはデートだとか、ファンは彼女だとか、こっちも言われすぎて麻痺してきているけど他担にはびっくりされる。あと日テレの特番で、「(ジャニーズは)おなら(だったかな?)するの?」って振られた時に、他のグループが「します!」って答えている中NEWSだけ「NEWSはしません」っていったのめっちゃ笑ったしそういうところ好きだよおおってかんじ。
最初デートとかいってたの手越だけだったり、うんちしないキャラはますだくんだけだったり、それに対してこやしげが「これがうちの手越です〜(笑)」「増田アイドル像がちょっと古いんですよね(笑)」って笑っていたのに今ではファンが彼女って言ってるてごしの隣で頷いてるし、おならしません!って言ってるし、どんどん影響されてる…。ツッコミ不在の恐怖…。

で、なんかなにをいいたいのかわからなくなったんだけど、四人をみてファンになったひとにはぜひ六人のころも知ってほしいし、ファンタジー性とストーリー性ばっかじゃねえんだぞ!っていうことを大声で言いたい。

わたしとしてはアイドル性ってしげあきが答えたことがちょっと意外だったし、それだよーーーー!しげあきーーー!!って拍手したかったです!


(あとこやまくんに対してそのままでいいとかこやまくんが突拍子もないことしたらNEWSが崩れちゃうって言ってたけどそんな保守的になること推奨しないでって思った…)
(キャスターとして国民目線を把握しておくのはもちろんだし、それを出来るひとは必要だけど、だからこそアイドルのときはガツガツいってほしいって思います)